保存方法

ドックフード選びの注意点

家族の一員のワンちゃんに与えるドッグフードを選ぶ基準は考えているでしょうか。
選択している理由として、価格の安さやメーカーなど様々な理由があると思います。
ですが、本当は大切なワンちゃんのために最適なドッグフードは品質重視で選んで下さい。

価格が高いといって品質が良いフードと限りませんので選ぶのも難しいものがあります。
ワンちゃんの健康状態やアレルギーなどもあるので実際に適したドッグフードは変化します。
日頃のワンちゃんの様子を観察することも大切です。

では何を観察すれば良いかと言うと「最近の体重」「食欲があるかどうか」「体の不具合がないか」「便の状態」などが参考になります。
日頃からワンちゃんの状態を観察していれば、ちょっとした変化に気がつくでしょう。
何か異変があった場合、深刻な病気の場合もありますが、ドッグフードを違う物に変えることでも改善する場合もあります。

第一に値段の安いドッグフードの場合は注意したいものです。
というのも値段の安いフードは安く販売するために原料の経費をかけていません。
ドッグフードのイメージとして、鶏肉や大豆など人間でも食べられる原料を使っていると思いがちですが安いフードはそうでない場合があります。
これもコスト削減のためです。

その中でも怖いのは原料はきちんとしているけれど、輸送コストを削減するために大量に合成保存料を使用していることです。
いくら人間が食する物ではないといっても、大切なワンちゃんに、そのようなドッグフードを食べさせると思えるでしょうか。
この点さえ注意していればワンちゃんの健康にも悪影響のないフードを与えることができます。
またドッグフードは国産の物と海外の物もあります。
海外のフードの内容物の規制は日本国内とも違いますので、その点も注意したいところです。

アメリカなどではペットフードの内容物の規制は日本よりも厳しく人間の食品規制とほぼ差がありません。
日本製は基準が緩いので使用されている飼料も怪しい物が多いです。
以上の点を注意して安全なドッグフードを選びましょう。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.