保存方法

輸入品のドックフード

輸入品のドッグフードでは同じ商品なのに値段が全く違う場合があります。
これはドッグフードの正規品と並行輸入の違いから価格に差が出ているのです。
そもそも正規品と並行輸入とは何なのでしょうか。

正規品とは、商品製造会社の子会社など正規の契約をしている代理店が輸入し販売している商品のことです。
それに対して並行輸入品とは、正規の契約をしている代理店が販売するのではなく、ほかの業者が輸入していることになります。

なので輸入経路の仕方が違うだけで商品自体の中身は全く同じものです。
正規品は正規代理店の定めた定価で販売しておりますが、並行輸入品はそれより値段が安くなっています。
並行輸入の場合商品は独自のルートで日本に入ってきているため、値段の設定が安くできるからなのです。

全く同じ商品で値段も安いなら並行輸入品のドッグフードのほうがお得だと思いがちですが注意が必要です。
これらの輸入品は正規品とは違い独自のルートを通って日本へ入ってきています。
ですので輸入中の管理がされておらず、長期間の船などの中でカビが生えたり腐っていたりしまっていることもあります。

また、購入後の返品・交換の対応が出来なかったりフードが原因で愛犬に何かあった場合対応してくれないケースが多いのです。
やはりいくら安くても正規品を選ぶことが大切なのです。
また正規品には「正規品」と表示がしてあります。
日本語で成分の表示や注意事項が書かれています

愛犬には安全なフードを与えたいばあいは並行輸入のフードは選ぶべきではありません。
特に成分は要チェックなので日本語で書かれていない並行輸入品は避けたほうが無難です。
中でも悪質な業者もおり、賞味期限の切れたものや正規品に含まれていない材料が入っていたり酸化している場合もあります。

大切な愛犬のためにも、フードは価格が高くても正規品を購入することをオススメします。
できるだけ並行輸入のフードは購入しないようにしましょう。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.