保存方法

手作りドックフードのポイントとは

手作りドッグフードのポイントは安心・安全なフードが作れるところです。
最大のメリットとしてフードの材料を自分で選ぶことが出来ることです。

手作りでフードを作ってみようと思ったら手始めにドッグフードにトッピングをしてみましょう。
トッピングだけでも手作りに十分に値します。
キャベツや野菜類などや、ささみを茹でたものをフードと一緒に与えるだけでも十分です。
ただしネギは害をもたらすのでネギ類は決して使用してはいけません。

現在では手作りフードの方法はインターネットなどに載っているので誰でも作ることが可能です。
手作りフードとしては「蒸す」「ゆでる」ということが犬にも喜ばれる調理法です。
この調理方ですと、脂肪分を取り除き、風味や栄養が失われないのがメリットです。

忘れてはいけないのは犬のアレルギーです。
飼っている犬のアレルギーを十分把握しておいて、アレルギーになる食材は使用しないことが大切です。
また、手作りフードの保存方法は水分を多く含む料理の場合は冷凍保存します。

手作りフードは安全ですがドッグフードほどの栄養摂取を期待するのは不可能です。
この面に関してはデメリットになります。
きちんとした栄養素を摂取するには、やはりドッグフードです。
手作りフードhttp://www.netbaza.net/tedukuri.htmlはドッグフードにプラスするだけのものと考えておきましょう。

ちなみに手作りフードなどで与えてはいけないものは以下の食材ですです。
ネギ類、じゃがいもの芽、ニンニク、加熱した骨、チョコレート、ココア、生のタコ・イカ・海老・カニ・卵白・香辛料・コーヒー、紅茶、緑茶も該当します。
ネギ類、チョコレート、他にもたくさんあるの要注意です。

調理した際に出る出汁には栄養素が含まれているので出汁も使いましょう。
あとは犬の体型をチェックして愛犬に合わせて量を調合します
犬の真上から見て腰のくびれがない場合は肥満気味です。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.