保存方法

食べ残しが気になる時の対処法

愛犬が肥満だからといって急激に食事の量を減らすことはやめましょう。
急激に食事の量を減らすと愛犬に過剰なストレスがかかるので、病気やトラブルになってしまう危険性があります。

肥満の対処法として肥満を予防するためのフードのダイエット用ドッグフードです。
ダイエット用ドッグフードは与える量を減らすことなく使えます。
同じ量与えてもカロリーが低いので肥満の予防に効果的です。
栄養素の方もカロリーが低いから十分じゃないかと思われがちですが、栄養素自体は普通のフードと変わりません。

最近のダイエットフードは味も重視されているので、犬が好んで食べる美味しさに工夫されています。
また、犬は炭水化物を多めに取ると脂肪となって肥満になりやすくなります。
健康的な体を維持するために低炭水化物は理想です。
しかし穀類が多く含まれているドッグフードでは犬は肥満気味になります
ですから低炭水化物のフードを選ぶことが重要になってきます。
出来ることならば穀物を使用していないフードが理想です。

ドッグフードの他にも運動不足も肥満につながります
できるだけお散歩の回数を増やすように心掛けましょう。
食事で摂取したカロリーを消費させるには運動量を増やすことです。
1日に1回以上お散歩に連れて行きましょう。
たまにドッグランに連れて行き走らせることでカロリーを消費します。
運動の量が増えてくることにつれて筋肉もついてくるので太りにくい体になってきます。

肥満用ドッグフードを与えるのであれば例えば「アカナ ライト&フィット」などのフードがあります。
こちらのフードは鶏肉と全卵天然カレイなどでつくられており、低カロリーになっています。
穀物は1種類しか使用されていません。
ダイエットフードは様々な種類が売られていますが愛犬に合うフードがきっとあるはずです。

肥満気味の愛犬には低カロリーのドッグフードhttp://www.humanlikeyou.com/005calories.htmlを与えることが大切です。
運動と組み合わせればもっとダイエット効果がでるかと思います。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.