保存方法

年齢別のドックフード

犬の種類によって、犬の寿命は差が出てきます
短い場合で7年くらで長い場合で15年ほどが犬の平均寿命と言われています。
寿命に関して毎日与えるドッグフードのによっても大きな差が出てきます。

人間でも食生活によって健康で長生きできるのと同じように、犬も食べるドッグフードによって健康につながる栄養素が必要になってきます。
そのためにも年齢に合わせてフードを切り替えることが大切なのです。

ドッグフードには、幼犬用・成犬用・妊娠、授乳期用・シニア用など成長段階に合わせたものが多いです。
犬も人間と同じで幼犬期のときはしかっりとした栄養が必要になります。
この時に栄養が十分でないと身体の弱い犬になってしまいます。

そして妊娠・授乳期には子育てによって不足になりがちな栄養素が出てきます。
シニア用・では消化器の老化のことに配慮したフードが売られています。
一昔前まではドッグフードは幼犬用と成犬用の二種類しかありませんでした。
ですが犬も人間同様に年齢を重ねるごとに体調に変化があります。

それに対してドッグフードを改良することで犬の寿命はどんどん長くなるようになりました。
2009年に施行されたペットフード安全法によって、原材料などの規制や表記を義務づけられました。
ですのでドッグフードを購入する場合は、表記してある原材料を自分で調べて選ぶ必要があります。

現在ではドッグフードは格安なものから「プレミアム」http://www.tibettibet.jp/puremiamu.htmlと書かれたものが存在します。
格安のフードは原材料が他のフードと違うので見比べてみるのも良いでしょう。

犬も老犬になると様々なところに不具合が出てきます。
そのために老犬用にはシニア用のフードを与えることが大切になってきます。
成犬用のフードとの違いは、カロリーが低くタンパク質と脂質が抑えられたものが多いです。
逆に不足しがちなビタミン・ミネラル・カルシウムが多く含まれています。
この成分は弱った消化器官でも吸収されやすくなっています。

シニア用のフードの切り替えは年齢的に7歳以降が望ましいです。
また切り替える場合は今まで与えていたフードに少しずつ混ぜて慣らしてから切り替えましょう。

子犬の場合は生まれてから2カ月頃から子犬専用のドッグフードを与えます。
子犬用のフードがドライフードの場合は、最初はお湯でふやかして食べやすいようにして与えます。
成長と共に少しずつ硬さを硬めにしていきます。
生後3カ月くらいには、ふやかさずに食べれるようにします。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.