保存方法

ドッグフードは何で選んでる?

ドッグフードを選ぶ場合、大抵の方は値段で選んでいると思われます。
安すぎるドッグフードはあまり良いとは言えません。
なぜなら必要な栄養素を満たしてないことが多いからです。

ドッグフードには缶詰タイプのものもあるので種類は様々な商品が売られています。
選ぶのは犬の飼い主ですが、間違った選び方をすると犬にとって不都合なことが起こる場合もあります。
特にドッグフードに配合されているものでよくないものを挙げます。

トウモロコシ・大豆・小麦・米・コーングルテン・動物性油脂・動物性脂肪・赤色○号・黄色○号(その他着色料)・ピートパルプ・硫酸銅・BHA・エトキシキン・BHT・ソルビン酸Kなどです。
これらはドッグフードによく使用されているものです。
これ以外にも良くない原材料はありますが、特にこれらが明記されている物は避けて下さい。

ですので「安いから」と言う理由で選択するのは危険な場合もあります。
フードをいろいろと選んでる方の場合、ドッグフードを食べないという理由やアレルギーやお腹が弱いとか高齢になってきたからと様々です。
しかし飼っている愛犬に合うフードは必ずあります。

価格の安さだけで選んでいる方はあまり良くないので、選び方を今一度考えてみましょう。
ただ食べてくれればいいということだけでは愛犬の健康には良くないです。
やはり主原料になっている食材は愛犬に害のないものなのか、添加物が過剰に使用されてないかがチェックポイントになってきます。

あとはちゃんと賞味期限が記載されているかをチェックしてください。
賞味期限が記載されていないものは過剰に保存料が使用されている可能性が高いです。
保存料が過剰に使用されていることは、愛犬にとって危険なドッグフードだということです。

使用されている原料が何か・賞味期限が記載されているか。
この2点がフード選びに重要なことです。
大切な愛犬のためにも安全なドッグフードを選んで下さい。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.