保存方法

毛艶がよくなるドッグフード

人間も栄養バランスが崩れると爪や髪が傷みます。
犬も同じように栄養の整った食事を取れてないと皮膚が荒れたり毛艶に影響が出てしまいます。
特に犬はタンパク質が多く必要になるます。
筋肉や血液を作るのはもちろんのこと、被毛の成長や毛艶にもたくさんのタンパク質が必要になります。

良いシャンプーやトリミング等のケアをするとその直後から効果が感じられます。
ですが、こういったケアでは毛艶は持続しません。
ドッグフードによっては毛艶を良くする成分を多めに含んでいるものがあります。
このようなドッグフードで毛艶が出るのです。
また、犬種によってはその犬種専門のドッグフードhttp://www.icgr2007.org/nennrei.htmlもあります。
ですが
食事内容を変更することですぐの効果は出ません。

また、与えているドッグフードが多量の添加物や栄養バランスに問題がある可能性があるので、食事を見直す必要があります。
特に添加物が多く含まれているドッグフードを与えている場合は注意が必要です。
添加物という犬にはに不必要なものがたくさん入っていると、本来備わっている自然治癒力を発揮できなくなってしまう可能性があるのです。

そしてせっかく、ドッグフードを高いものに変えたのに毛艶がよくならない、とすぐに元に戻すの禁物です。
犬の毛が変わるのには時間がかかるので効果が出にくいため最低でも一か月は様子を見ましょう。

そこまで動物性タンパク質が犬の毛並み・毛艶に影響を及ぼすのか。
タンパク質は犬の筋肉・骨格・血液・皮膚・毛など様々な部分を構成するのに欠かせない重要な成分でなのです。
犬は摂取したタンパク質の多くを被毛の成長に費やしますので、毎日の食事で十分なタンパク質を摂取していないと毛並みが悪くなり、毛艶が失われてしまいます。

毛並み・毛艶に異常を感じたらすぐにドッグフードを見直してください。
再度ドッグフードを選ぶ際は、良質な動物性タンパク質がたくさん含まれている健全なドッグフードを選ぶ事が大切です。



Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.