保存方法

1回で食べきれる量はどうやって計る?

ドッグフードの量をはかる場合カロリーも計算に入れます。
1日に必要なカロリー計算は犬種によって誤差がありますが、(30×体重+70)×2で算出できます。

例えば10キロの愛犬の場合(30×10+70)×2になりますので、1日の必要カロリーは940カロリーとなります。
必要なカロリーが分かったら次は1日に必要な食事量を計算します。
「必要カロリー÷350×100」の計算方法なので先程出たカロリーで計算すると940÷350×100=269グラムになります。

結果、10キロの愛犬に与えるドッグフードは270グラムになるという計算になります。
この270グラム以上ですと肥満になり、これより少ないと栄養不足になると考えられます。
270グラムを1日3回に分けるので1回あたり90グラムとなります。

あとは1日にどれくらいの量を食べているか確認しておく必要があります。
どれだけの量を食べているのか把握しておくのが大切です。
体重管理も必要で体重をはかるのも大切なことです。
毎日のフードの量をチェックしておき、そうすると食欲がなくなった時に気付くことができます

食欲がなくなったことで、動物病院に連れて行くことにも早く気付くのでドッグフードを与える時の重要性がわかりますね。
また、毎日の愛犬とのスキンシップも大事です。
いつもと違った行動だったり、元気がなさそうならばどこか調子が悪いのかもしれません。

毎日のスキンシップと食欲の有無で病気の早期発見にもなります
動物は喋ることができませんので、体調の変化に気づいてあげれるのは飼い主だけなのです。
1日に与えるドッグフードの量がいかに大切なものかと言えるでしょう。

犬は1回で1日分の食事を食べきれるほどの大きめな胃袋があります。
ですので満腹になるまで、おやつなどを与えているとすぐに肥満になってしまいます。
肥満対策のためにもカロリー計算は大切です。
最近では肥満気味のワンちゃんが増えていますので、飼い主がちゃんと体重管理をしてあげることが重要になります。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.