保存方法

ドッグフードの保存方法とは

ドライフードタイプのドッグフードは保存方法が記載されていて、大抵の場合は「冷暗所に保存」となっているかと思います。
冷暗所というのは冷蔵庫に入れるのではなく、風通しの良い涼しい場所に置くということです。
涼しい場所に置くことによって、ドッグフードの劣化は防げます。

フードは開封した途端から酸化が早くなります。
ですので保管する時は密閉することが大切です。
一番良い方法は可能な限り小分けにしておくことです。
食品保存用のポリ袋などはチャックが付いていて密閉するのにとても便利です。
チャックを閉める時は空気を抜いて真空に近い状態にすることです。

このような保存方法をすることでドッグフードの劣化を防ぐことが可能です。
酸化したフードは愛犬にとっては良くないフードになります。
また、開封していない未開封の場合でも保存の仕方次第で鮮度を保つことができます。
特に夏場などは高温の場所で保管すると鮮度が落ちてしまいます。

缶詰タイプのドッグフードは日持ちがしないので、開封後は冷蔵庫に保存してなるべく2日以内に使い切るようにしましょう。
ドライタイプのフードは開封してからの保存期間はおよそ1ケ月が目安ですので、それまでに使い切りましょう。
特にプレミアムドッグフードは保存料・酸化防止剤などの添加物が含まれていないので長期保管には向いていません。
愛犬にとっても劣化したフードは健康に関わることなので十分注意が必要です。

また、ドッグフードは大量に買い込むのではなく1袋がなくなってからこまめに買い足していく方が良いのです。
大きな袋のフードは経済的ですが、開封後早く使いきらなければ無駄になります。
一見ドッグフードは長持ちしそうに思えますが実際はデリケートな物なので保存方法を間違うと質の悪いフードになってしまいます。

やはり保存方法として最適なのは小分けして密封しておくのが良いでしょう。
酸素に触れる度に酸化が早まるので密封するのが最適です。


Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.