保存方法

歯のトラブルを防ぐには

犬は虫歯になりにくいのですが、別の歯のトラブルを抱えやすいのです。
それは「歯周病」と「歯肉炎」です。
犬のだ液はアルカリ性なので虫歯には強いのですが歯石がつきやすいという難点があります。
糖分を分解すると歯に歯垢がこびりつきます。

ドッグフードなど歯垢ははじめは柔らかいので歯磨きをすれば取り除けます。
ですが通常犬は歯磨きをする習慣がありません。
更に歯垢は長時間放っておくと、石のように固くなってしまう性質があります。
これを「歯石」といいます。

単なる犬の歯磨きでも取れなくなり専門医に任せるしか手はありません。
歯石が原因で歯周病や歯肉炎になりやすくなります。
また歯のトラブルは犬の寿命にも影響します。
人間の場合でも虫歯のため歯が痛くなると、気力に影響します。
犬が歯のトラブルを抱えた結果、歯の痛みのため運動しようという意欲がなくなり散歩のときの歩く距離や散歩の頻度などが少なくなります。

犬の運動量が低下すれば筋力低下を起こします。
そのため筋力が低下すれば、老化という悪循環を招く危険性があります。
ドッグフードも食べれなくなります。
予防するには飼い主が定期的に犬の歯を磨いてあげることです。

本などでは「犬は虫歯にならないので歯磨きをしなくていい」と書かれていますが、それは間違いです。
犬も歯周病や歯肉炎の可能性があるため、やはり歯磨きは必要になります。
歯磨きの回数はそれほど多くなくてはよいのですが2日に1回や3日に1回くらいの頻度で磨くと良いです。

犬の歯の状態を見ながら、状況に応じて歯磨きの頻度を変えるようにしましょう。
ですが、隅々まで磨いてあげることは難しく、飼い主さんから見えない歯の裏側や奥に、ドッグフードの食べかすや歯垢が残っていることがあります。
歯周病の早期発見のチェックポイントは、犬の口臭です。
歯周病を防ぐには、自宅での歯磨きと定期的な獣医師の検診を行うと万全です。
最初は歯磨きを嫌がる犬もいます。
出来るだけ早めに獣医師に相談し、歯周病を防ぎましょう。

Copyright(C) 2013 大切な愛犬のために All Rights Reserved.